本文へスキップ

癒しのハンドパン演奏と心温まるマクラメアクセサリー

プロフィールProfile

プロフィール

名前:ハンドパンマン( 本名:中山大輔 )
年齢不詳だがオッサンであることは間違いない!
本職は、鍼灸マッサージ師で関西を中心に出張施術に飛び回っています。

2012年頃にハンドパンと言う楽器があることを知り、その心癒される音色の虜になりました。
2013年にハンドパンドラムを手に入れ、この素晴らしい楽器をもっと多くの人に知ってもらいたいと活動しています。
趣味でマクラメをしていましたが、ハンドパンをモチーフにするアクセサリーを作るようになって、購入したいとのご要望が多く販売も始めました。


所有しているハンドパンについて・・・

一台目はMetalSounds社のスペースドラム13noteというフランス製のものです。
多くのハンドパンが8〜9音なのですが、このハンドパンは13音と音数が他のものよりも多いのが特徴です。
私がハンドパンと言う楽器があることを知った頃は、今と違ってハンドパンを手に入れることはホントに大変でした。
幾つかメーカーがありましたが、殆どのメーカーがバックオーダーを山ほどかかえ、注文さえ受付けてもらえませんでした。
そんな中唯一注文可能であったのがフランスのMetalSounds社でした。
ただ私はフランス語どころか英語も殆どできませんでしたので、輸入代行会社にお願いして注文しました。
注文してから待たされること約1年、やっと手に入れることができました。
現在はメーカーも増え、(ネット情報によれば100を越えるハンドパンメーカーがあるとか・・・)少しは手に入りやすくなったものの、有名メーカーのものはいまだに手に入れるのが難しい状態のようです。


2台目のハンドパン・・・

2台目はLive Metal Artと言うメーカーのもので、イスラエル在住の日本人で山口信哉氏制作のハンドパンです。
キーはDminerで表に10音、裏に3音の計13音です。山口氏が特別に音数を多くしてくださいました!
約8か月待って手にすることができました。
色は一瞬黒に見えるほど深いブルーで、光の加減でブルーが際立ち本当に美しいハンドパンです。
音も素晴らしく、深く澄んだ音がします。